Statistik

Online: 0
Visits today: 0
Total visits: 39925

2 Figur Guru Ideal

Saya bukan praktisi homeschooling, tapi sangat salut pada mereka yang berani mengambil keputusan untuk tidak menyekolahkan anak-anaknya, dan bertanggung jawab menerima konsekuensinya. Dua di antara praktisi homeschooling yang saya kenal dekat adalah Lea Kesuma dan Irmayanti Nugraha. Lea guru di Salatiga, Irma guru di Tangerang. Minat pada pendidikan yang membuat kami sering berkomunikasi.

Lea adalah sosok pejuang pendidikan yang lumayan bernyali besar, mengambil arus yang berkebalikan dengan arus utama. Tidak hanya pilihan untuk meng-homeschooling-kan anak-anaknya, tapi juga memperjuangkan pendidikan yang

Selengkapnya…

[Bahasa Indonesia] Satuan Benda

Beberapa hari yang lalu, saat berbincang-bincang dengan Amane-san, ia mengeluhkan betapa sulit memahami aturan penyebutan benda、tentang penggunaan kata sebelum benda yang dihitung itu disebut.

Misalnya:

xx lembar kertas = xx 枚紙

xx buah pena = xx 本ペン

xx biji kurma = xx 個クルマ (稙?)

xx butir telur = xx 個たまご

xx buah buku = xx しゃつ本

xx buah jeruk = xx 個みかん

saya: cuma bisa dengan menghafal, ya.

amane: iya. gurunya tidak bisa bahasa Jepang, jadi tidak bisa menjelaskan lebih panjang lebar sehingga kami tidak bisa menghafal dengan imajinasi yang cukup.

Selengkapnya…

Antara Jepang dan Indonesia, Bincang Ringan

Setelah sempat tertunda selama hampir tiga bulan, kemarin, acara bincang-bincang dengan kawan-kawan Jepang bisa kami adakan lagi. Bertempat di sebuah pusat perbelajanjaan di bilangan Jakarta Selatan, yang haadir cuma dua orang.

Kami sepakat untuk bertemu pada pukul 10.30, tapi karena mengantisipasi kemungkinan macet, saya malah tiba lebih cepat, 10.07. Sambil menunggu, saya memutuskan untuk keliling-keliling. Lapar sebenarnya, belum sempat sarapan karena mengurus anak-anak, suami dan rumah. Tapi enggan juga isi lambung lebih dulu, nanti bakalan pesan menu baru lagi. Jadilah

Selengkapnya…

Terima Kasih

Sejak 3 – 18 Januari, saya menjalani Ujian Akhir Semester (UAS) di kampus. Sepekan sebelumnya, yakni pergantian tahun Masehi, libur. Tapi yah, namanya libur bagi seorang ibu tiga anak yang juga ‘dibayang-bayangi’ UAS, plus tanpa PRT pula di rumah, jauh dari bayangan libur bagi kebanyakan orang.

Hal yang saya kuatirkan dalam persiapan dan selama pelaksanaan UAS adalah jika anak-anak ada yang jatuh sakit. Itu berarti saya tidak bisa meninggalkan rumah, atau terpaksa menitipkannya di rumah keluarga yang tentunya ini juga

Selengkapnya…

頑張りやさん

やっと、日本語ができるインドネシア語家庭教師と会いました。J先生と言います。彼女は日本人の友達、Mさんのインドネシア語の先生になりました。J先生は週に二回バイクでお家からMさんのところまで一時間もかかりそうです。Mさんの他に、日本人2、3人の生徒もいます。各生徒の家に行かなければいけなく、J先生は毎日忙しそうです。

ジャカルタではバイクで通うと間違いなく辛いことです。空気も排気ガスで 汚れているし、道も大変渋滞していて、非常に危険です。私は十代の頃バイクをよく乗りました。しかし、その時代の交通は今の比べると全然ひどくなかったです。 十年以上海外に住んでいた私、帰国するとバイクを乗るのは自身がありません。J先生は毎日2,3時間もジャカルタでバイクを乗っていて、心強いと思います。J先生はそんな辛いことをやっていても、顔がニコニコして、暖かいほほえみを忘れずに、生徒に向かっています。J先生のご主人はジャカルタにある日本レストランに勤めています。

「ご主人は日本語ができますか」とMさんが尋ねました。
「いいえ、できません。こんにちは、ありがとう、シンプル挨拶ぐらいだけしっています」とJ先生がニコッと答えました。

数年前にJ先生は日本のKEIO大学で日本語を勉強していました。専門は語学だったので、やはり言語の先生にふさわしいです。

私もインドネシア人ですが、ちゃんと語学で勉強したことがないので、母語を教えるのは自身がありません。言語を教えるとは簡単ではないと思います。母語は自然に話せますが、他人に教えるのは別のことです。

ごみのかかり 精一杯に仕事しているJ先生のことを見ると、他の一般てきなインドネシア人の生き方が頭に浮かびました。

イ ンドネシアではごみ問題をどうやって解決するのかが政府をはじめ、皆にきちんと考えられていません。インドネシアではごみにのことをよく分かってる人が結構いますが、政府がごみ問題を十分に配慮しないのでインドネシア人のごみの専門家の力がむだになっています。日本で博士号までごみを勉強したインドネシア人の友達がいて、1997年に来日して、今もまだ日本に住んでいます。インドネシアで仕事が見つからないかぎり、帰る気はないと言っていました。

政府がごみ問題を解決しないので、政府の代わりに一般の人々ができるだけやっています。彼らは会社で勤められない人々です。自分の力でごみを集めたり、分別したり、リサイクルしたり、リユースしたりします。ごみからできたものを工場に売ったり、市場にも。そいう仕事をやって、生き続けます。

ごみを拾うことを仕事にしている人はインドネシア語では「PEMULUNG (ぺムルン)」と言います。

インドネシアではPEMULUNGは何十年前から存在しています。ほとんどは今家族でやっています。お父さんもお母さんも子供達もPEMULUNGです。ジャカルタの近くにべカシのバ ンタルゲバンというごみ山があります。あそこに4000人も住んでいるらしいです。日本人の友達がこんなことを聞くとびっくりして、「信じられない」と言いまし た。

+「ちゃんと仕事がないから、彼らはそういうことをやっています」と私が返事しました。
ー「でも、ごみ山に住むって...、体にも危ないですよ」
+「そういう人々は健康のことはもう考えませんよ。毎日どうやって生きていることしか考えません。 彼らは子供のころから、そういう生活をし、学校へ行けなく、大人になってもやはりPEMULUNGしか選択がないです。」

PEMULUNGの話は悲しいですが、彼らにいいことを教示してもらっています。それは、命を捨てなく、諦めずに、辛くても生き続けることです。

J先生、PEMULUNG達、のような人々は、「頑張りやさん」と私が呼んでいます。

### Bambu Apus, 2011年8月17日